レコーディングダイエットでおなじみの食事まとめ

レコーディングダイエットでは、食べたものを全てレコーディングすることで、ダイエットを成功させるというものです。

毎日食べる食べ物はいろいろだし、カロリーもさまざま。

レコーディングダイエットを始めたばかりの頃は、「これってどれくらいのカロリーなのかな・・・」と不安になったりしがちですね。

そこで、普段の食事でおなじみの食品について、カロリーをまとめてみました。

★ご飯1膳 約240キロカロリー
★パン6枚切り1枚 約150キロカロリー
★ラーメン1杯 約500キロカロリー
★焼肉弁当1個 約900キロカロリー
★幕の内弁当1個 約800キロカロリー
★たらこおにぎり1個 約200キロカロリー
★オレンジジュース 約80キロカロリー
★焼酎10杯 約900キロカロリー(水割り1杯なら約90キロカロリー)

だいたいこういう感じです。食品のだいたいのカロリーが把握できるようになってくると、カロリーコントロールしやすくなります。

お弁当やジュースなどは、パッケージにカロリー表示されているので分かりやすいですね。

家にいる時も、外に出ている時も、ノートを持ち歩いて、食べたものは記録をつけるようにしましょう。

レコーディングダイエットでは、1日の摂取カロリーを1500キロカロリーにおさえることが適切とされます。

そこで、通常の場合はどうなのか、というところを見ておきましょう。

成人女性の場合、年齢や身長などを考えて、1200~1600キロカロリーが適正なカロリー総摂取量とされています。

だいたい1500キロカロリーということで考えると、朝、昼、夜の3回の食事でカロリーを分けると1食でとれるのは、500キロカロリーだけになります。

これを超えると、太ってしまうということです。

これより少なければヤセられます。

1つ1つの食事のカロリーは少なくても、積み重ねていけば大きなカロリーオーバーになってしまいます。

余分なカロリーの分は、確実に脂肪となって増えていきます。

どうしても食べすぎてしまった場合は、次の日に抑えるようにして、1週間スパンでのカロリーを、1日で割って、1500キロカロリーにする、という方法もありですね。

なかなかヤセられない、というときは、方法を工夫してみるのもいいかもしれません。

そういうときに、お相撲さんの食生活が参考になります。

もちろん、お相撲さんと同じ食生活をするという意味ではなくて、その反対を行く、つまりお相撲さんを反面教師としてダイエットするということです。

お相撲さんは、朝ごはんを食べません。

その上、お腹が空いている状態で激しいけいこをします。

そして、お腹がペコペコになり、空腹がピークになった状態でちゃんこ鍋を食べます。

さらに、お酒を飲みながら食べます。

そして、お腹がいっぱいになったら寝る。

こういう食事の仕方をしていると、体がカロリーを要求しているので、食べたらどんどん吸収されていきます。

そして食べた以上に脂肪がついてしまうのです。

今挙げた、お相撲さんのやり方の反対を実践しましょう。

朝ごはんをちゃんと食べる。

お腹が空いている状態で食べない。

食事の時はお酒を飲まない。

食べたらすぐ寝ない。

これの実践が大事ですよ。

 レコーディングダイエットおすすめの食事パターン

レコーディングダイエットは毎日の食べたものを全て記録して、1日の総摂取カロリーを1500キロカロリー以下にするというダイエット法です。

でも、そう言われても、どういう食事をすればいいのか、ピンと来ないかもしれません。

そこで、私が実践していたレコーディングダイエットのパターン例をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

★朝食

ちなみに、朝ごはんは絶対食べるようにしましょう。

朝ごはん抜きで、空腹の状態でお昼ごはんを食べると、摂取カロリーを吸収されやすく、同じメニューでも太りやすくなってしまうからです。

朝は、ご飯と納豆、のり、漬物などで朝食。

お腹いっぱい食べても、このメニューなら、500キロカロリー程度でおさえられます。

朝食を食べると、血の巡りが良くなります。

糖質が吸収されて、エネルギーがわき、仕事もはかどりやすくなります。

食べたあとは歩いたり動いたりしますので、食べたものが消化されて、吸収されにくいです。

★昼食

私は普段、お昼ごはんはコンビニ弁当を買っています。

コンビニ弁当はカロリー表示されているので、レコーディングダイエットに適しています。

1日の総摂取カロリーは1500キロカロリー。

1食あたりにすると500キロカロリーが限度です。

パッケージのカロリー表示を見ながら足し算して、全部で500キロカロリーになるように調整して選びましょう。

たとえば、おにぎり2個、サラダなどで500キロカロリーくらいです。

サラダのドレッシングはノンカロリーのものを選びましょう。

飲み物もノンカロリーのお茶が基本。

コンビニは揚げ物も売られていますが、選ばないようにしましょう。

お弁当でも男の人用の高カロリーなものが売られているので、こういうものをつい買ってしまわないようにしましょう。

★夕食

夕食は、その内容に気を配ることも大切ですが、食べる時間も大事だったりします。

理想は、7時~8時くらいに食べるようにしたいです。

私の経験からも、9時以降に食べてしまうと、太りやすかったです。

とくに、同僚と急な会食が決まってしまった時、居酒屋とか焼き肉屋とか、すし屋とかに行きがちですよね。

でも、こういうお店は油分たっぷり、糖質たっぷりのメニューがてんこ盛りです。

仕事が終わってから食べし、おしゃべりしているとつい時間が延びるので、9時まで食べ続けていることはざらです。

そうすると、太る元なので注意。

まず、7時~8時のなるべく早い時間に食べる。

そのあと歩きましょう。

30分くらい歩くといいですね。

これで、食べた分のカロリーの20%くらいは、歩いたことで消費できます。

カロリーを1500キロカロリーに抑えて食事をするためには、それぞれの食事の無いように気を付け、さらにどう食べるかという「食べ方」も大切です。

 私のレコーディングダイエット体験記

ご参考に、私がレコーディングダイエットをやってみた時の体験をここにご紹介します。

私はレコーディングダイエットを経て、5キロのダイエットに成功しました。

でも、それまでの道のりは決して平たんではなく、つらかったときもありました。

それをどう乗り越えて続けられたのか、というところをご紹介することで、これからレコーディングダイエットを始めて見ようという方の参考になればいいなと思っています。

私はもともと、ダイエットはいつも挫折続きでした。

でも、レコーディングダイエットというものの仕組みを知ったことで「これならできるかも」と思い、始めてみたのです。

それまでは、食べるとすぐに太っていたのですが、レコーディングしてみると、なぜか体重が増えなくなったのが最初の驚きです。

そうやって記録をつけていくことで、今度は着実に体重が減っていきました。

食べ物のカロリーを書くようになると、同じ食べ物でも、なるべくカロリーの低いものを選ぶようになります。

たとえば、これまでなんとなくタラコのおにぎりを食べていたのだとしたら、自然とコンブのおにぎりを選ぶようになります。

食べ物を選ぶときって、味と値段を見て決めますよね。

レコーディングダイエットをすると、それに加えて、カロリーでも選ぶように習慣づけられてきます。

食べたらその都度書き込むのは面倒だなと思う時もあって、そういうときは、夜にまとめて書くようにしていました。

1日に1500キロカロリーと決めて、それの範囲内に収まるように計算して食べ、1日の終わりに、日記みたいにしてまとめてつける、というやりかたです。

レコーディングするのって、面倒だったりするのですが、この「面倒」がダイエットを成功させる秘訣でもあったりします。

「食べたものをメモしないといけないから、面倒だし食べるのをやめておこう」と思えます。そうして自然に食べる量が減っていくのです。

レコーディングダイエットでつらかったのは、停滞期です。

余分な脂肪を落とせていて、残りの体重が減りにくくなってきます。

そうしてくると、だんだん食べ物への欲望が増えてきます。

「ヤセた状態を手に入れたら、もう好きなものは食べられなくなるんじゃないのか」と思ったりします。

そして「そんなことになるなら、ダイエットなんて止めてしまおうかな」という気分になりがちです。悪魔の誘惑にさらされます。

しかしここがレコーディングダイエットで大事なポイントです。

この停滞期が、体質が変わる、つまり体がヤセてくることに対して、体が抵抗してくる最後のポイントです。

1~2週間のこの停滞期を乗り越えれば、ダイエットはウソのようにラクになります。

停滞期になって、「もうやめようかな」という気になったら、それはダイエット成功への最後の難関にいる、ということです。

私はここを乗り越えたから、ダイエットに成功できました。

だから、「つらいからやめようかな」と思っても、ぜひ一歩踏ん張ってみてください!

コメントは受け付けていません。