夏太りに注意!夏に内臓が冷える原因

夏は汗をたくさんかくから、何もしないでも痩せると思っていませんか?
7月にもなると、露出が増え、痩せたい願望も高まりますよね。
しかし、夏にはダイエットを阻む大きな落とし穴が潜んでいるんですよ。

★夏は太りやすい季節
実は夏は冬よりも太りやすい季節なのです。
冬のように外が寒いと、体の中では体温を保つために、熱をたくさん作り出そうと代謝が活発になります。

すると、基礎代謝が増えます。
実は私たちが消費するカロリーの7割程度は基礎代謝によるカロリーの消費なんですよ。
つまり、冬は基礎代謝が増えるので痩せやすいのです。

一方で、夏は外との温度差がないため、基礎代謝が落ち、カロリーの消費が少なくなります。

私たちのイメージとは逆に、夏は太りやすく冬が痩せやすいのが、現実なのです。

★夏こそ気をつけたい内臓冷え
さらに、夏太りを加速させてしまう原因が内臓冷えです。
夏は暑いため、体の冷えを感じにくいのですが、実は夏の内臓は冷えて大きなダメージを受けているんですよ。

★夏に内臓が冷える原因

それでは、どうして夏に内臓が冷えてしまうのでしょうか。
夏の内臓冷えの原因は、次の4つが考えられます。

原因1 室内外の温度差で自律神経が乱れる
内臓冷えの一番大きな原因が自律神経の乱れです。

7月にもなると冷房が手放せなくなります。
すると室内と室外の温度差が大きくなってしまいます。

体温を一定に保つ役割を担っているのが、自律神経です。
室内外の温度差があまりに激しいと、自律神経はフル稼動して疲れてしまい、正常に機能できなくなります。

すると、血流が悪くなったり、体温調節が上手くできなくなって、内臓が冷えてしまうのです。

原因2 水分の摂りすぎで体の中が冷える

夏は汗をかく分、水分をがぶがぶ摂ってしまいますよね。
水を飲みすぎると、体の中に余分な水が溜まり、内臓を冷やしてしまいます。
水分を適度に摂ることはとても大切ですが、摂りすぎには注意しましょう。

原因3 冷たい物の食べすぎで体が冷える
夏はアイスや氷など、冷たい物を好むようになります。
しかし、冷たい物を体に入れると、ダイレクトに内臓を冷やしてしまいます。
暑いからといって冷たい物の食べすぎや飲みすぎには注意しましょう。

原因4 運動不足で筋肉が減る

夏は暑い分、動くことが億劫になってしまいますよね。
しかし、運動不足が続くと、熱を生み出す工場である筋肉が減ってしまいます。

また、足は第二の心臓とも呼ばれ、血液の流れを維持するために重要な役割を果たしています。
運動不足は、血行不良による内臓の冷えも招いてしまうんですよ。

★夏に油断していると太る悪循環にはまる
夏だからといって油断していると、秋冬になっても痩せられず、太る悪循環にはまってしまいます。

夏の内臓冷えを放置していると、秋冬に食欲が高まったとき、摂取するカロリーばかり増えてさらに太ってしまうんですよ。

太る悪循環を絶つためにも、夏はしっかり内臓ケアをしてくださいね。

 内臓冷えでぶくぶく太る?!

夏は外の暑さとはうらはらに、内臓が冷えやすい季節です。
実は、内臓の冷えを放置していると、ダイエットには嬉しくないことばかり起きてしまうんですよ。
そこで今回は、内臓冷えでぶくぶく太ってしまう理由についてお伝えします。

★内臓が冷えるとどんな症状が出るの?
内臓が冷えるとどのような症状が出るのでしょうか?
まずは、自分の内臓が冷えていないか、簡単なチェックリストで確認してみましょう。

・風邪を引きやすい
・イライラする
・体の疲れがとれない
・肩がこる
・平熱が36度より低い
・胃もたれしやすい
・むくみやすい

上記の症状に心当たりがある方は、内臓が冷えている可能性があるので、注意しましょう。

★内臓が冷えると代謝が落ちる
内臓冷えでもう一つ注意が必要なのが、体重の増加です。
実は、内臓が冷えると代謝が落ちて、太りやすい体質になってしまうのです。

内臓冷えによって体温が1度下がると、なんと代謝が約12%も低下します。
さらに、代謝だけではなく、免疫力も30%以上落ちてしまうんですよ。
内臓冷えの症状に風邪の引きやすさが挙げられるのは、免疫力が低下するからなのです。

通常平熱は36.5度前後となっています。
健康とダイエットのためにも、一度体温を計って自分の平熱を把握してみてくださいね。

★内臓が冷えるとお腹周りに贅肉がつく
内臓が冷えると、胃腸を中心に内臓の機能が悪くなります。
すると、消化する力が衰え、体全体に十分な栄養が行き渡らなくなります。

栄養不足になった細胞は、体が飢餓状態になっていると勘違いし、命を守るために脂肪を溜め込むようになるんですよ。

お腹周りには命の要である内臓が集まっています。
そのため、内臓が冷えると、お腹周りを中心に贅肉がつき、ぽっこりお腹になってしまうのです。

さらに、お腹周りについた脂肪は一度冷えると温まりにくいため、内臓冷えを悪化させるというマイナスの連鎖が起きてしまいます。

★内臓が冷えると腸内環境が悪化する
内臓が冷えて腸の動きが悪くなると、便秘になります。
便秘で腸の中に便が溜まると、腸内に住んでいる悪い菌たちが元気になり、せっせと有毒な物質を作り出します。

すると、腸の中が腐敗していき、腸内環境が悪くなってしまうのです。
腸内には痩せやすい体質にするやせ菌や太りやすい体質にするデブ菌がいるのですが、腸内環境が悪くなると、やせ菌の働きが悪くなり、デブ菌が元気になってしまうんですよ。

★男性は特に隠れ内臓冷えに注意しよう
内臓冷えは、ダイエットの壁となるだけではなく、万病の元にもなります。
一方で、手足の冷えのように自覚しにくいのが、難点です。

特に、冷えに関して鈍感な男性は内臓冷えが悪化するまで気付きにくいため、注意してください。
女性はもともと筋肉量が少ないため、冷えになりやすいのですが、最近は運動不足などで男性の隠れ内臓冷えも増えているんですよ。

コメントは受け付けていません。